RRCJの役割

もっぱら現在、ナイロビの都市部難民として認められたLGBTI難民の経済支援をしています。 他によく難民からリクエストされるのが、第三国定住について、UNHCRにメールを書いて欲しいというものです。 今年、ナイロビのUNH […]

ウガンダの現状

Under Threat of WE WILL KILL YOU ALL Another LGBTI Beaten to Death in Uganda   大統領と大臣たちが、再び同性愛者を死刑にす […]

9月会計報告

(セーフフスへの送金 5名) 45749451 01/09/201909:01:00 Namala Bashir Erdin 14000 KES KE Sent 45858834 03/09/201910:52:45 N […]

糖尿病のための食事

カクマキャンプのレセプションセンターに40歳くらいのトランス女性の難民がいます。 彼女は、トランスをずっと我慢してきたのでその年齢になってしまいました。アフリカでは珍しいです。 彼女は糖尿病です。インスリン注射をしていま […]

松葉杖

以前、ホフォビックなケニア人に殴られ、マンホールに突き落とされそうになり、足を骨折させられた方に松葉杖を支給させていただきました。 国連は、骨折の治療までは無料でやってくれるのですが、松葉杖は実費です。そのためRRCJが […]

助けを求め続けるレズビアン

7日にテントを他の難民に燃やされ、住む場所を失ったZari(ニックネーム)はカクマUNHCRの前で野宿しています。 もう、3週間になりますが、わたし以外は誰も助けようとしません。 UNHCRもこのことを知っているのですが […]

8月にあった二件のトランスジェンダー殺害

8月はウガンダで二件のトランスジェンダー殺害があり、犯人が誰かわかっているにも関わらず起訴することさえできませんでした。 一件は、ちょうどわたしが、ナイロビのLGBTI難民たちと会っているときで、そのことを彼女たちと話し […]

難民キャンプで焼き殺されそうになったLGBTI難民

4日前、ホモフォビックな難民が、LGBTI難民の家を燃やしました。殺意があきらかにあります。 わたしは、ようやく彼女と連絡がとれました。 カクマのUNHCRは彼女を無視し、家や燃やされた衣服も与えず、4日間、野宿させてい […]