ソドミー法存続のさらなる悪影響

アフリカがゲイを罰する真の目的は、お金目当てだとわたしは思っています。24日の判決で、ケニアではソドミー法を公式に存続させると決めたので、政府は強気に出ました。モゼスたちの保釈金をつりあげたのです。21人の解放に、155 […]

4月の出来事

書き忘れていた出来事がありました。 都市部難民として生活し始めたchamにホモフォビックなケニア人が襲撃しました。ボダボダバイクタクシーの運転手でした。 通常、きちっとお金を払えば暴力を振るわれることはないのですが、今回 […]

ナイロビでも石打

カクマキャンプではよくあることでした。 LGBTIを背後から石打し、殺そうとする他の難民たち。 せっかく、ナイロビまで来たのに、こんなことになるとは思ってもみませんでした。付近の住民に襲われたようです。 襲われたのは、夕 […]

LGBTIの人権をもとめて

二週間前から、UNHCR前で、またやってるのは知っていました。最初は、保護を求めたトランスが叩かれました。100人近く、抗議するLGBTI難民が集まっていました。抗議の内容は、新たに来たLGBTI難民を全くUNHCRは受 […]

安全に生きる権利を求めて

UNHCRの緊急避難施設 transit center が再びUNHCRによって、強制的に、難民の生死も考えず、ライフラインを絶たれました。 いきなりまた、食糧の配給を停止され、今度は、前回よりひどく、電気、水までも絶た […]

食糧費

HIASからの支援金を二人のLGBTIが受け取って一つの部屋に住む場合はなんとかなっているようですが、こどもがいるレズビアンは、食料が不足します。 マリアンは二人の子供、ローズは3人の子供がいます。キャンプのときは、子供 […]

出産祝い

LGBTI難民として逃げてきたとき、すでに妊娠していた方もいます。 ルワンダからのレズビアンです。母親は、わりとすぐ欧米への移住プロセスが進みましたので、何らかの虐待を母国で受けたのだと思います。詳しくは聞いていませんが […]

宗像財団から

(日本語が続きます)Visited four NGOs and initiatives in Antananarivo, Madagascar in two days. Surprised to see many of […]

レインボープライドありがとうございました

レインボープライドでわたしたちのブースにもたくさんの方が立ち寄ってくださいました。大変ありがりとうございます。 例年は、外国人しか、LGBTI難民に興味を示さなかったのですが、今年は、若い日本人の学生さんが意外と質問して […]

兵糧攻めが終わったら、病気攻めの国連

LGBTI難民のための国連の避難施設transit centerから立ち退きを拒否した20数人は、交渉し、 再び、食料の配給は受けられるようになりました。(一時、食料を打ち切られ、食糧費の負担もわたしたちがやりました) […]