去年の記事が最近日本語に

https://i-d.vice.com/jp/article/kzv5gz/fighting-for-lgbti-rights-in-kakuma-refugee-camp?fbclid=IwAR2ueUZ3uliXdWpYR64RwoT6pmpqQGw1OgaXceGerDlrsvxUnzdqkIhv2Ns

4人ともわたしのお友達で、去年英語版で記事になったのは知っていました。日本語ででたのは良かったです。
4人のうち、3人はわたしとカクマで会った方たちです。
最初の一人の方だけ、まだ移住プロセスが進んでいません。一番長くカクマにいたのに。どうかお祈りください。ウガンダでボーイフレンドが目の前で殺されたのに。。。恐怖心からUNHCRに説明がうまくできないようです。

(ドイツはこのようにUNHCR提携団体が訪問をサポートするのですが、日本のUNHCR提携団体PWJは、わたしのサポートを拒否しました。欧米の支援者仲間からは、それは、LGBTへの偏見によるものだと言われました。わたしは、そのため、単独ですべて手配することになったのです)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です