ナイロビでも石打

カクマキャンプではよくあることでした。

LGBTIを背後から石打し、殺そうとする他の難民たち。

せっかく、ナイロビまで来たのに、こんなことになるとは思ってもみませんでした。付近の住民に襲われたようです。

襲われたのは、夕方で、国連と契約している病院も閉まっていて、実費で救急で病院に運ばれました。

RRCJは、治療費、搬送費、薬代を負担しました。

意識を失ったので、救急で見てもらうしかなかったようです。
意識が戻るまでわたしもかなり、不安になりました。
カクマキャンプにいたときから知っている子だったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です