なんとか残った施設

UNHCRが管理している無料の緊急避難施設通称transit center がケニア政府からの圧力で、閉鎖の危機にありました。

代表のグラハムは、朝から夜まで、UNHCR職員と交渉し、しばらく存続をゆるされました。20数人LGBTI難民が残りました。

多くは、支援金をもらって外に出たのですが、支援金を盗まれた者が4人、(現金でUNHCRは渡しました)

子持ちのレズビアンには、一人分しか支給しなかったりと、都市部生活を始めたものは、続々と、RRCJに援助を求めてきています。

グラハムは、いずれは、また都市部生活ができなくなるものが出るのは間違いないので、transit center を残してほしいとUNHCRに嘆願しました。

UNHCRは、一旦transit center の食糧を打ち切ったため、食事を彼らに与えず、交渉しました。(わたしの支援も間に合わず、一日絶食させてしまいました)

その後、UNHCRからの食糧は、再開し、こちらからの支援金は、イースターパーティーに使われました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です