ウガンダのキャンプ

RRCJはウガンダのナキベイル難民居住区(nakivale refugee settlement)のLGBTIコミュニティーも時々支援しています。まだ、固まって住んでいません。彼らはUNHCRにカムアウトしています。最近、元々のブルンジ人コミュニティーの家から追い出されたと聞きました。
去年、ゲイであるという理由でキャンプ内で二人逮捕されたので、もうLGBTIコミュニティーの存在は知られてしまっています。

周囲の難民からの暴力がだんだんひどくなっています。

代表者のお友達も暴行を受けたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です